FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

こどもアート*ワークショップ 造形タマテバコ

描いて、作って--楽しいアートワークショップ

プロフィール

ぞうタマ

Author:ぞうタマ
「造形タマテバコ」はこどもたちにアートの楽しさを伝えたい、とワークショップを始めた造形教室の先生とアートセラピストのユニットです。
略して「ぞうタマ」。
主に東京都世田谷区祖師谷~成城近辺で活動しています。

最近の記事+コメント
最新画像
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10
18
先日スーパーで息子が「これ買って」とねだった飾り用カボチャ。
小さい割りに¥200~300するんですね。

でもハロウィンぽくていいか、と買いました。

家に帰って、なにやら静かにしているな~と思ったら
こんなのが・・・(左のかぼちゃ)

かぼちゃ
歯が牙みたいになってますけど


面白い、と思って私もイタズラ気分で作っちゃいました。(右のかぼちゃ)
なんか、おかしいけど・・・ま、いっか。

テーブルの上のヘンテコカボチャと昨日作ったハットで
ハロウィン気分も盛り上がってきましたよ♪


(n)
スポンサーサイト
2010.08
18
こんにちは。
ちょっと更新が空いてしまいましたが
皆さん、この猛暑の中いかがお過ごしでしょうか。

お子さんの夏休みも終盤に入り
もう行くこともないし
遊ぶこともなくなっちゃったよ~という方いませんか?

ちょっとだけ暑さを忘れる遊びを…

少し前、スペースシャトルで山崎直子さんが
宇宙で色つきのシャボン玉ができるか実験してました。

宇宙ではないですが…

これなにかわかりますか?
しゃぼん玉*ブログ用

この泡々・・・
そう、色つきシャボン玉でぶくぶく、ぶくぶく・・・
どこまで成長しちゃうの~

カラフルなぶくぶくの透明感は
なんとなく清涼感がある、かな?

一人でやるのもよし、お母さんや兄弟で合作もよし、
泡々造形たのしんでみてください。

シャボン液に少し絵の具を入れて、あとはぶくぶくするだけ。
紙の上でやると
弾けたシャボン玉たちの跡もまた面白いんですよ~♪

これはo-chan先生のリトピカの絵の具遊びの時
子ども達が競い合ってやっていたもの。
お庭やベランダなどお外で思いっきりしてみてくださいね。

なお、小さなお子さんがする時は
シャボン液を飲み込まないよう十分ご注意ください。



8月24日のワークショップ
夏休みの工作にぴったり、「一輪車ゲーム」

まだお席あります。ぜひ遊びに来てください!
http://zoutama.blog122.fc2.com/blog-entry-24.html


(n)
2010.07
07
昨日はぞうタマメンバーのo-chanの
アトリエ リトピカの「お外でおもいっきり絵の具遊び!」に
noriも我が子たちと参加してきました!

にわか雨が心配だったけど
晴れ間も見えてたので決行!
(小学生男子達は雨でもヤル気満々)

いやはや、絶句する程の様相を呈して行く男子達。

黄色い人になってます…


あぁ、家では怪獣の我が子たちも彼らに比べてみれば
かわいいもんだ。

写真でおわかりになるかしら?
この絵の具天国、いや地獄?

今日は何やってもいいよー的な。
日頃、家庭で学校でこれはダメ、あれもやらないで、と
つい言われがちな子供達も
この日は全てオーライ♪

のびのび、楽しそう。

お外でのびのび、描きまくる~


小学生といえども忙しい現代。
常によく考えることを要求される社会だけど
何も考えずに楽しむ時間だってもっとあって、いい。

アートはそれを可能にできるはず。(他にもあると思うけど)
ぞうタマもちょっとその壁を越える手段になればいいな。

楽しかったね~みんな、すごいよ!!


ちなみに母はそのあとのシャワーと
洗っても洗っても色水が出てくる
服の洗濯が大変でしたとさ…


o-chanのリトピカブログ
2010.06
16
昨日はo-chan先生のアトリエ「リトピカ」に
私noriも助手で参加してきました。

カリキュラムは牛乳パックから作るエコペーパー。

先週パルプを作るところまで終えていたので
昨日はいよいよ紙漉き。

紙の中に好きな葉っぱを挟んでいいよ~という
o-chan先生の言葉に
庭に葉っぱ探索に出て行った子供達。

戻ってきた1人の子が持っていたのは・・・

しょぼしょぼになった枯葉。


「おもしろい色のがあったー♪」


ですって。
別に紅葉してきれいとかではなく
大人の目には普通の茶色なんだけど
彼の目には「面白い色」と映った。

大人は「えー、それただの枯葉じゃん」と言いがちですが
こどもにはそう見えるということ
ちゃんと受け止めてあげることが大切だと思います。
(絵に限ったことではないですが)

それを薄茶にしたパルプに漉き込んで
なかなか味のある紙が出来て
満足そうな表情の彼。


子供の感性、見逃してしまいそうだけど
そこここにあります。


(n)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。